東京港区 新橋インプラントセンター|槙原歯科

槙原歯科 新橋インプラントセンター
診療時間 電話
インターネット予約 無料相談
歯周病のメニュー

歯周病の診断と治療法

TOP歯周病とは > 歯周病の診断と治療法

セルフチェック

  1. 歯肉から血が出る。
  2. 歯肉が腫れている気がする。
  3. 朝、起きたとき口の中がねばねばする。
  4. 口臭が気になる。
  5. 歯肉が下がった気がする。(歯が長くなった気がする)
  6. 歯がぐらぐらする。
  7. 歯肉から膿が出る。
  8. 喫煙している。
  9. 生活が不規則である。
  10. 全身疾患(糖尿病、肝機能障害など)がある。
  11. 妊娠中である。
  12. 歯並び悪い、歯ぎしりをする、口呼吸である、唾液の分泌が少ない。

A,B,C の原因と治療法
口腔内の歯周病原因菌により、歯肉に炎症が起きています。歯石除去と正しいプラークコントロールが必要です。

D の原因と治療法
歯周病によるもの、虫歯によるもの、消化器系の全身疾患、生理的口臭、食べ物によるものなどが考えられます。また、心因的なものもあります。口臭測定器を用いて検査をすることができます。

E,F,G の原因と治療法
歯肉炎から歯周炎へ悪化しています。歯周病菌の感染が歯槽骨に及んでいます。 早急な治療をお勧めします。

H,I,J,K の原因と治療法
喫煙による毛細血管の収縮が、血流を悪くし歯周病の回復を妨げます。また、ストレスや不規則な生活、全身疾患で体の抵抗力がさがったとき、妊娠時などホルモンバランスが乱れやすいときも歯周病を悪化させます。

L の原因と治療法
歯並びが悪い、不良補綴物(不適合なかぶせ物)はプラークコントロールを困難にします。 また、口呼吸や唾液の分泌が少ないと口腔内細菌の活動を活発にさせます。 歯ぎしりは、歯、歯周組織にダメージを与えます。


歯科医師、歯科衛生士によるチェック

  1. レントゲン写真による診断
    歯を支えている骨の吸収の度合いを確認します。
  2. 歯周ポケット、BOP(出血の有無)と歯の動揺度の測定
    細菌のすみかとなる歯周ポケットの深さと、炎症に伴う出血、歯のぐらつきを診ます。
  3. 口臭検査
    口臭測定器により数値で表します。
  4. プラークコントロール検査
    細菌の集合体であるプラークや歯石の付着部位を調べます。

歯周病の治療のながれ

レントゲン写真、歯周ポケット検査から、適切な治療計画を立て、原因除去のためにプラークコントロール歯石除去ブラッシング指導を行います。その後、SRP(局所麻酔をして歯周ポケットの深部の歯石除去)を行い炎症状態の治癒を待ち、改善が見られないもしくは重篤な症例の場合は、外科的な手術が必要になります。(痛くありません&あまり腫れません/ご心配なく)
場合によって、GTR法やエムドゲイン療法(歯周組織再生療法)を行います。
改善したところで、定期的なメインテナンスを行いながら、噛み合わせ・矯正・インプラント・修復処置へ移行します。

診査、診断



プラークコントロール
ブラッシング指導
クリーニング




SRP
(歯肉内の歯根についた歯石除去)
再評価 メインテナンス


歯周外科
(GTR、エムドゲイン)




再評価



メインテナンス


地図
〒105-7090 東京都港区東新橋1-8-2
電通本社ビル・カレッタ汐留 B1F402

電話

無料相談

診療時間

診療時間
10:00 - 14:00
15:00 - 19:00
※土曜・日曜・祝日が休診日となります
新橋インプラントセンター
東京港区新橋インプラントセンター|槙原歯科

槙原歯科新橋インプラントセンターホームページ制作 東京 copyright © MAKIHARA DENTAL CLINIC SHINBASHI IMPLANT CENTER All right reserved.